子供服を売るのであれば劣化する前がポイント

サイズアウトの子供服 せっかく買ってあげた子供服も、時間とともに着ることができなくなることは当然起きます。 サイズアウトと呼ばれますが、子供の成長は早く、どうしても着れなくなって行くのです。 これは日常的に起こることですが、悩みの種にもなってしまうでしょう。 特にブランド服を買ってあげた時などは、悲しい思いをすることもあるはずです。 こうならないようにするために、ワンサイズ大きな服を購入するのもひとつでしょう。 しかし、大きなサイズは子供の負担になってしまうことも考えなければいけません。 だからといって、簡単に着られなくなり、処分するというのももったいない話です。 流行が過ぎると価値は下がる 子供服にはリサイクルという方法があります。 古着を扱っているところに売ってしまう方法です。 人気のブランド子供服なら、まず買い取ってくれることは間違いありませんし、価格も期待することができるでしょう。 これで、捨ててしまわずに、次の子供服を買う資金にすることができるようになるのです。 ただし、流行の過ぎた年代物は、価値は下がります。 これは致し方のないことですが、ほんの少しでもブームがずれると、価値が急落しやすいのがキャラクターものなのです。 特撮などの場合には、放送が終わったりしてしまうと、次の番組がすぐに始まります。 こうした情報の劣化が、価値に大きな影響を与えてしまうことになるのです。 リサイクル店に売るときには、できるだけ早めに売ってしまうことが重要といえます。 デザインや年式が新しければ新しいほど、買取りが期待できるからです。 これは、オークションなどでも同じことで、情報が新鮮な間に売りに出すことが重要となります。 劣化は時間とともにやってくる 劣化ということでは、情報だけではありません。 受験や入学式などで、1回だけ着たとします。 そのあとすぐに売ってしまえば、その服は劣化せずに売ることができ、価値も高まるでしょう。 しかし、時間がたてば、生地は劣化して行ってしまうのです。 たとえ着用していなくても、洋服は劣化を続けます。 保管の方法の問題もありますが、シミが出たりしたら、価値は急落してしまうことになるのです。 季節ということも重要なポイントになります。 季節物は、シーズン直前に買取りを広げ商品を用意しようとするのです。 買い取ってくれるということは、それだけ欲しいという人も多いということになります。 […]

大事な子供服をきれいに保つためのポイントは

子供服をきれいに保つため 子供服をきれいに保つということは大変です。 とにかく汚すのが子供の仕事といわんばかりに、いろいろな汚れをつけてくることでしょう。 ですが、お出かけ用にブランド子供服をご購入したりすると、汚されたりすればがっかりすることもあるはずです。 おしゃれ着として考えていても、子供にとっては、大きな違いなどないでしょう。 子供服の汚れは、どんな汚れなのか種類に合わせて対処することが重要です。 より良い状態に保つためにも、考えていきましょう。 鉛筆とクレヨンの汚れを落とすなら 習い事をしていると、どうしても汚れをつけてくることがあります。 鉛筆だったり色鉛筆の汚れをつけてくることは珍しくありません。 消しゴムでこすって落ちるのは、洋服でも固い部分についた鉛筆ぐらいのものです。 色鉛筆には、ロウが使われているため余計に落ちません。 まずは、細かい黒鉛粒子が衣類に付着していると考え、シミの部分をぬるま湯で濡らします。 これで、繊維がほぐれますので、石鹸を使用してもみ洗いをして、ゆっくりとすすぎを繰り返してみましょう。 もみ洗いをしたら、通常通り洗濯機で洗ってしまうだけで、かなりの汚れを落とすことができます。 もみ洗いをすると、デリケートな生地は傷つけて傷んでしまうこともあるでしょう。 そんな時には、歯ブラシで軽く叩くようにすると、ダメージを抑えることができます。 鉛筆よりも困ってしまうのがクレヨンでしょう。 お絵かきをしていると、色が乗りやすいクレヨンは、子供たちが大好きです。 クレヨンは油汚れですから、クレンジングオイルを使うといいでしょう。 クレンジングオイルと食器用洗剤を混ぜて、ポイントを絞ってもみ洗いをしていきます。 あとは水で洗い流しますが、何回か繰り返すと、かなりきれいに落ちているはずです。 水性のカラーペンなら、水と石鹸だけできれいに落ちますので、色が広がらないようにポイントを絞り洗いましょう。 色あせにも注意 子供服も、時間とともに色あせたりします。 しかし、保存方法の問題で色あせを起こすこともあるのです。 原因の一つに考えられるのが、蛍光剤入り洗剤です。 蛍光剤を使うことで、白の布地をよりはっきりとした白に見せることができます。 もともと蛍光剤が使われていないのにカラフル発色になっている場合、蛍光剤が付着することで変化してしまことが出てくるのです。 防虫剤使用も色あせの原因になります。 […]

子供服やベビー服を使いやすく管理する引き出しの決め方

子供服やベビー服を散乱させないために 子供服やベビーの服をすっきりと片付けたいと思ってみても、なかなか上手くいかないことは珍しくありません。 子供服は、すぐにサイズが合わなくなり、切ることができなくなることもあるでしょう。 それでも、思い出が詰まっていたりすると、だれか着る人がいないかと思ったりして捨てることができなくなったりするものです。 気がつけば、もう一杯でどうにもならないということも出てきます。 ベビー服も気がついたら、あちこちに散乱していることもあるでしょう。 体温調節のために、ちょっと出した見たものの、気がついたら散乱しているということは珍しくありません。 引き出しの用途を決めて別々に管理する 片づけるといっても、何か特別なものを用意したりする必要などありません。 片づけ方を考えるということが重要なのです。 まずは、引き出しの用途を考えます。 引き出しをいくつかの用途に分けますが、メインの引き出しには、普段着るものだけを入れます。 サイズの変化の早い子供服ですので、さまざまな服が混在してしまうことでしょう。 こうなると、着ないで終わる服が出たりしますので、混在させないようにするのです。 着られなくなった服は、別に管理しましょう。 シーズンの違う服も別に管理します。 シーズンごとに一塊にしておけば、一目瞭然となり、欲しいときに引き出すことができるでしょう。 こうした服は、定期的に見直してあげると、うずもれることもなくなります。 できれば、サイズが合わない服は、定期的に処分するようにするのです。 定期といっても、何か決まりごとがないとやりませんので、いっぱいになった時には見直しをかけるといったルールを決めるといいでしょう。 すべての服に思い出があるかもしれませんが、ある程度思い出に浸り処分することも考えるべきです。 おさがりとして出せそうな服は、専用の引き出しや箱に入れてしまっておきます。 別に管理すれば、混ざって混乱することもありません。 自分のルールを決めていく 引き出しに入れるときには、たたんで重ねないことが重要です。 たたみ方は自由ですが、高さを一定にして、立ててしまうと取り出しやすくなりますし、埋もれることもないでしょう。 ある程度分類もしやすくなりますので、見えるようにしておくことが大切です。 そのうえで、分類を決めて、いつもしまう場所を決めてしまうといいでしょう。 使わない場所にしまうと、大事な子供服も出してこれなくなります。 指定席を決めてあげるだけで、かなり便利に使うことができるようになるのです。 […]