子供服を考える前に赤ちゃん肌着の形を考える

これから暑い夏を迎えるための肌着の形 これからの暑い夏を考えると、赤ちゃんにどんな子供服を選ぶのかということが重要になってくるでしょう。 肌着として考えた場合、基本となるのは、汗を吸い取るための短肌着にしつつ、温度調節の肌着を考えます。 その上にウェアを考えたりもしますが、これも室温次第でしょう。 温度調節といっても、肌着はいろいろな種類がありますし、プリントものもいっぱいあったりします。 家の中ではこの肌着だけにしてあげるのもいいでしょう。 赤ちゃんの肌着の基本形 赤ちゃんの体にフィットして汗を吸い取ることが目的になるのが短肌着です。 寝かせたままでも、簡単にさっと着せ替えができるようになっているのがトレンドといえます。 前で合わせるようになっており、ひもで結んであげれば出来上がりというのがポイントでしょう。 肌に直接触れるということが重要なポイントで、素材や縫製には注意が必要です。 洗い替えも含めて3~5枚ぐらいは最低でも用意する必要があるでしょう。 それも、夏場となると、かなり頻繁に変えたりすることも出てきますので、余分にあっても困ることはありません。 短肌着に重ねる長肌着は、着物型と考えるといいでしょう。 足の先までカバーしてあげるため、体温の調節ができます。 おむつを頻繁に変えるような時期は、この名が肌着が重宝します。 足を動かすようになってくると、結構はだけてしまいますので、ウェアにしたりすることも考えなければいけません。 1~2枚は用意しておくことが大切です。 裾が二股に分かれたコンビ肌着なら、動きにも対応できます。 ボディスーツ型の違いは ボディスーツは、体にフィットする形で足を出すことができるため、重ね着もしやすくなります。 股下はスナップで止めるため、おむつを替えるときも便利です。 前開き型にしておくと、寝かせたままでも着替えさせることができる形になります。 ボディスーツといった場合には、スポットかぶせてあげるTシャツの長いような形です。 肩口が大きく開くようになっているのがわかると、すばやく着せ替えができるようになるでしょう。 これから先の夏にかけては、ウェアの代わりにもなります。 ボディスーツですが、股ぐりが立体的なのがショートオールです。 丈が短めに作られているため、フィット感がしっかりしていますので、好む赤ちゃんもいます。 カバーオールなどを着せるのであれば、これがインナーとしてぴったりになるでしょう。 こうした形の違いを知るだけでも、子供服の下に着せることもできるようになります。 […]

ベビー服を選ぶときには好みも含めて安全なものを

季節や月齢ごとに考える 子供服の中でもベビーウェアを選ぶのであれば、見た目だけで選ぶことはできません。 大事なこととして、赤ちゃんの着心地のよさを考えなければいけません。 素材も肌にやさしいことが大切ですし、縫製方法や糸の種類も重要です。 肌着は何度も洗濯ものです。 素材を含めて丈夫なものにしなければ、すぐにダメになってしまうでしょう。 赤ちゃんの成長は早く、サイズが合わなくなるだけではなく、季節によっても交換が必要になります。 季節ごとの月齢やサイズも考えて用意してあげることが大切です。 肌着の素材はオーガニックコットンも視野に 肌着の素材は、綿100%を基本とします。 生地の編み方で違いがありますが、厚さや手触り、伸縮性といったことにも注意しなければいけません。 薄手のフライス素材が中心となりますが、多少値段は高くなってもオーガニックコットンを選んだりすることも大切です。 特にアレルギーが気になるときには、素材に十分注意が必要となります。 生まれてから1年間という期間は、とにかく成長が早く、サイズがどんどんと変わって行きます。 ベビー服のサイズ表示は10センチ刻みになっているのです。 メーカーやデザインによって、微妙に違いがあることにも注意しなければいけません。 特に国産と海外産のものでは、サイズは似ていてもボディラインが異なりますので十分に気を付けなければいけません。 子供の好みも含めて 着替えのことやおむつ替えということも考え、デザインを選ぶことも大切です。 前合わせのタイプは寝たままでも簡単に交換することができるため便利でしょう。 動きが活発になってくる3カ月ごろになると、脱げたりしにくいフィットするタイプがポイントになってきます。 成長に合わせてデザインを選ぶことが大切で、見た目重視にしないことが大切です。 えりやリボンをよくみて、飾りがついていないものにすることも考えておくべきです。 肌に触れるだけで、素材が刺激になってしまうことも出てきます。 これだけでもかゆみのもとになったり、かぶれたりすることも出てきますので、見た目よりも安全なデザインを優先しましょう。 寝かせたまま着替えをさせたいと思うのであれば、肩から足先まで開くタイプが良いでしょう。 ひもやスナップで開閉できれば簡単です。 首がすわれば、体を起こせるようになってきますので、肩あきのシャツでもいいでしょう。 つかまり立ちができるようになれば、パンツもすばやく着せ替えできるようになります。 赤ちゃんにも好みが出てきますので、いろいろ試してみることも大切です。 […]

ベビー服のアウターは状況を考えて

着せ替えや抱っこも考えて 子供服の中でも、ベビー服は選び方が難しい部分があるでしょう。 いろいろな種類がありますが、意思がはっきりと伝わりにくい赤ちゃんの場合、快適なのか不快なのかを感じ取ってあげなければいけません。 そのためにも、ベビー服がどんな種類があり、好むものはどんなものかを知っておく必要もあるでしょう。 素材によっての違いもありますが、できるだけ快適な環境を作ってあげることが大切です。 月齢の低いうちは、赤ちゃんの動きを妨げないように、上下一体となったつなぎ型が良いでしょう。 着せ替えも簡単で、抱っこするのも楽にできます。 動きが大きくなり、つかまり立ちしたりするようになれば、Tシャツにパンツといった子供服に変えていくと動きやすくなるのです。 いろいろとあるアウター ベビー服のアウターにはいろいろな種類があり、ボトム部分をスナップで止めるのがツーウェイドレスと呼ばれているタイプです。 筒型のドレススタイルのように見えて、足の部分は分かれているカバーオールスタイルの2つの形になっています。 生後すぐから着せることができ、6ヶ月頃までなら対応できるでしょう。 かなり長い期間使えますし、肩から足先までついているスナップを外すことで寝かせたままで着替えができます。 Tシャツとパンツが一体になっているのがカバーオールです。 つなぎ型で、ややスリムに見えます。 抱っこしやすく、出かけるのにも重宝するでしょう。 ボトムス部分がスナップになっているので、おむつの交換も寝かせたままでできます。 サイズはかなり細かくなってくるので、整腸に合わせて選ぶことが必要です。 カバーオールのスタイルにソックスもくっついたのが、足つきカバーオールです。 全身を覆うので保温性が高く、冬場でも体温を逃がしにくくなります。 海外ではかなりメジャーで、おしゃれな格好もできますが、サイズを合わせないと、動きを妨げることになりますので注意が必要です。 ボディスーツからセパレートへ 夏場では欠かすことができないのが、手足を出すことができるボディスーツです。 サイズは70~のものが主流ですが、実際のサイズが合わないことも出てきます。 ゆったりシルエットでも、肌着の組み合わせでカバーすることもできるため、少し大きめのほうがいいでしょう。 ベビー服から子供服といった感じになってくるのがセパレートです。 Tシャツにショートパンツなどを組み合わせることができますし、サロペットなどにしてみてもいいでしょう。 かなりおしゃれになってコーディネイトも楽しめます。 上下がわかれることになるため、汚れても別々に交換できるようになるので便利でしょう。 子供服の通販・買取りのサーカス […]

赤ちゃんや子供服の汚れ落としと柔軟剤を止める選択

柔軟剤を止めてしまう選択 赤ちゃんの服や子供服に柔軟剤を使ってあげたいと思うことがあるでしょう。 できるだけ柔らかな手触りをと思うからですが、肌の弱いお子さんだと、汗と反応してしまい思わぬかゆみが出てきてしまうことがあります。 特に赤ちゃんの場合には、柔軟剤自体を止めてしまったほうがいい場合が多いのです。 ですが、肌触りを考えると使ってあげたいと思うのも当然でしょう。 そこで、まずは洗濯機が止まったら、出来るだけ早く取り出して干します。 衣類を両手で広げて、少し強めに振ってから干すとさらに効果的です。 シワになりやすいのであれば、脱水もやめてしまうのも方法といえます。 柔軟剤なしでも干し方次第 なぜ、少し強めによく振ってから干すのかといえば、乾燥するときに繊維が固まってしまうからなのです。 特にタオルは振って干すことでかなり違いが出ます。 洗濯しているときには、繊維は水を吸ってますが、乾燥する過程でどんどん縮んで行くのです。 こうした繊維が締まっていくと、肌触りはどんどんと落ちてしまいます。 干す前によく振ることで、繊維が塊になるのを防ぎ、縮んでも塊になったりしないようにできるのです。 これだけでも、ふんわりと柔らかな肌触りになります。 脱水しないで干すと、水がしたたり落ちてこれでいいのかなと思うことでしょう。 そのままハンガーに掛けて干すだけで、実はきれいな形にすることもできるのです。 方法としては、手で全体の形を整えることを忘れないようにすれば、これだけで型崩れもしわも防げます。 これは、水の重みを利用している方法で、干しているときに自然と水の重みで下に引っ張ってくれるため、シワが伸びていくのです。 そのままで綺麗な形を維持できるのですから、手間も省けて楽でしょう。 大人のワイシャツでも使えますので、型崩れが気になる洋服に使ってみると便利です。 汚れてしまったときには 子供服や赤ちゃんの服は、とにかく汚れるものです。 食べ物や吐き戻してしまったときには、出来るだけ早くお湯で洗いましょう。 時間をおけば、それだけ落ちにくくなります。 外出先でも、水洗いだけでもするようにするだけで違いがでますので、簡単でもいいので落としてしまいましょう。 落ちにくそうな汚れの場合、50度前後のお湯に対して酸素系漂白剤を溶かして30分ほど漬け置きするときれいにすることができます。 あとは軽くもみ洗いしてから、普通に洗濯をするだけですが、すすぎはかなり丁寧に行いましょう。 子供服の通販・買取りのサーカス http://www.circus-circus.jp/

子供服や赤ちゃんの服を洗濯する場合には洗剤をきれいに落とすこと

子供服や赤ちゃんの服を洗濯する場合には 子供服というものは、とても大切なものです。 せっかく選んであげたのですから、少しでも長く、快適に来てくれるといいなと思うことでしょう。 赤ちゃんのために選んだ可愛いベビー服やタオルも、できるだけ長く快適な状態にしてあげたいものです。 キレイで肌触りが良いというのは、大人だけではなく、赤ちゃんにとっても重要な意味があるでしょう。 こうしたポイントから考えると、洗剤の選び方からシミや汚れの落とし方まで考えておくことが大切です。 洗剤はきれいに落とすこと ベビー用の衣類用洗剤や無添加洗剤といったものも、多く売られるようになりました。 これらを選ぶというのも一つの方法でしょう。 特にアトピーなどを抱えている場合には重要です。 それ以外の場合には、必ずしも専用洗剤を使う必要はありません。 重要なポイントとなるのは、洗剤をしっかりすすぎ落とすということなのです。 洗濯機を使うときには、衣類を入れすぎないようにします。 これだけで、洗剤は落ちやすくなるのです。 さらに、多めの水量で洗うように設定すると、きれいに洗剤を落とすことができるようになり、赤ちゃんの肌にも安心できるようになります。 柔軟剤には要注意 大人の服と一緒に洗うかどうかも迷うところでしょう。 ちょっと考えるとわかりますが、抱き上げたりするときには、大人の服と接触しています。 この段階で、問題があるようであれば、一緒に洗うことはできませんが、アトピーなどの問題がなければ一緒で問題はありません。 型崩れを防ぐために、ネットに入れて洗うなど工夫をする必要はありますが、それ以上に気にする必要はないでしょう。 問題は柔軟剤です。 柔軟剤は、繊維をコーティングするようになっています。 これが柔らかさの秘訣ですが、柔軟剤がしみ込んだ状態であるため、赤ちゃんの汗に反応して刺激になることがあるのです。 これがかゆみになってしまったりすることがありますので、柔軟剤は使わないようにすることも必要といえます。 特に低月齢のうちは、柔軟剤自体がつかないように、投入する前に赤ちゃんの衣服だけ取り出してしまうといいでしょう。 量を減らしたとしても、反応することには変わりはないからです。 もうひとつ石油系の柔軟剤を使わないという方法もあります。 植物性の柔軟のほうが刺激は少なくなるため、内容をよく見て使うということも重要です。。 クエン酸や食酢といった方法もありますが、落としきれるようによくすすぐことが重要となります。 クエン酸も食酢も酸性ですので、自然のものだから安心というわけではないことも覚えておくといいでしょう。 […]