1カ月の平均は3500円

子育てということまで考えると、子供服に掛けることができる金額にも限界があります。
ですが、いったいどれぐらいの服を買ってあげればいいのか、どれぐらい予算を考えておけばいいのかということも、家計ということを考えると重要でしょう。

1か月にかける子供服の購入予算は、平均額で約3500円ぐらいであるという調査結果があります。
選択の基準としては、価格が安いことが重要視され、デザインと比べてどうなのかということを見ていることがわかっているのです。
スマートフォンを普及で、インターネットを活用していると思いきや、実際に店舗に行って直接手に取り確認している人が多かったりします。
やはり、子供服ということでは、通販だけに頼るということにはなっていないことがわかるでしょう。

5000円掛ける世帯はかなりまれ

調査のポイントは、12歳以下の子育て世代で、スマートフォンを使っているということでした。
専業主婦層が60%を超える中での調査であるということも重要でしょう。

小学生ですので、子供服としては中途半端な時期で、大人の服を着せるわけにもいかない時期です。
子供服を選ぶことになるわけですが、成長期真っただ中であり、頻繁にサイズアウトする時期でもあるでしょう。

金額として最も多いのは、1000円から3000円未満です。
平均が3500円であるということを考えると、かなり両極端に推移していることもわかります。
中心となってくるのは、5000円までであり、これ以上かけるという世帯はかなり少数なのです。
もちろん、この金額は子供の数にもかかわりますし、季節によっても違うでしょう。
それでも、1万円以上をかけている世帯もあるということも重要なポイントです。
逆におさがりなどをうまく使うことで、お金をかけていないという世帯もあるということが重要でしょう。

安いだけではなく納得できるという主観が重要

回答から見えることとして、価格が安いという選択肢を取っていることがわかります。
その中で、3500円の平均値に収めるということは、デザインを見ながらも、かなり安いものを探して購入しているといえるでしょう。

その反面で、オリジナリティということを重視しているというわけではないため、安くて一定以上のデザインを持っていれば構わないということになるのです。
これは、相対的に見て考えているのではなく、あくまでも主観的に安くてよいものを探しているといえるでしょう。
それだけ情報を集めながらも、自分の手でもち、納得してから購入することが今のポイントになっているといえるのです。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *