季節や月齢ごとに考える

子供服の中でもベビーウェアを選ぶのであれば、見た目だけで選ぶことはできません。
大事なこととして、赤ちゃんの着心地のよさを考えなければいけません。
素材も肌にやさしいことが大切ですし、縫製方法や糸の種類も重要です。

肌着は何度も洗濯ものです。
素材を含めて丈夫なものにしなければ、すぐにダメになってしまうでしょう。
赤ちゃんの成長は早く、サイズが合わなくなるだけではなく、季節によっても交換が必要になります。
季節ごとの月齢やサイズも考えて用意してあげることが大切です。

肌着の素材はオーガニックコットンも視野に

肌着の素材は、綿100%を基本とします。
生地の編み方で違いがありますが、厚さや手触り、伸縮性といったことにも注意しなければいけません。
薄手のフライス素材が中心となりますが、多少値段は高くなってもオーガニックコットンを選んだりすることも大切です。
特にアレルギーが気になるときには、素材に十分注意が必要となります。

生まれてから1年間という期間は、とにかく成長が早く、サイズがどんどんと変わって行きます。
ベビー服のサイズ表示は10センチ刻みになっているのです。
メーカーやデザインによって、微妙に違いがあることにも注意しなければいけません。
特に国産と海外産のものでは、サイズは似ていてもボディラインが異なりますので十分に気を付けなければいけません。

子供の好みも含めて

着替えのことやおむつ替えということも考え、デザインを選ぶことも大切です。
前合わせのタイプは寝たままでも簡単に交換することができるため便利でしょう。
動きが活発になってくる3カ月ごろになると、脱げたりしにくいフィットするタイプがポイントになってきます。
成長に合わせてデザインを選ぶことが大切で、見た目重視にしないことが大切です。
えりやリボンをよくみて、飾りがついていないものにすることも考えておくべきです。
肌に触れるだけで、素材が刺激になってしまうことも出てきます。
これだけでもかゆみのもとになったり、かぶれたりすることも出てきますので、見た目よりも安全なデザインを優先しましょう。

寝かせたまま着替えをさせたいと思うのであれば、肩から足先まで開くタイプが良いでしょう。
ひもやスナップで開閉できれば簡単です。
首がすわれば、体を起こせるようになってきますので、肩あきのシャツでもいいでしょう。
つかまり立ちができるようになれば、パンツもすばやく着せ替えできるようになります。
赤ちゃんにも好みが出てきますので、いろいろ試してみることも大切です。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *