赤ちゃんにパジャマが必要か

赤ちゃんはパジャマを着る必要があると考えると、専用にパジャマを用意するべきなのか、どうしたらいいか考えてしまうでしょう。
ほとんどの時間を練ることに過ごしているのですから、さてどうしたらいいのかと思ってしまうはずです。
ですが、気が得させてあげるということが、時間の切り替えや状況の変化を伝えるサインになったりする部分もある以上、考えていくべきことといえるでしょう。

寝るためのスイッチとして

赤ちゃんの仕事として考えれば、泣くことと母乳を飲むこと、寝ることが重要です。
すくすくと成長するためには、欠かすことができません。
ここから考えれば、子供服どころかベビー服は1日中同じになってしまうことでしょう。
着替えることもほとんどないはずです。

では、パジャマが必要かといえば、どちらでもいいのは確かでしょう。
寝る時はパジャマに着替えるということが、だんだんと重要になってきます。
なぜかといえば、ベビー服を着て過ごしている間は、あまり意識をしないかもしれませんが、着替えるということが昼夜のスイッチになってくるようになるのです。
つまり、パジャマに着替えるということは、寝る時間であるということをお知らせしてあげるということにつながります。
これで、たくさん眠れるようになる子も多いのです。

生後3~4ヶ月が一つの区切り

いつぐらいから区別を始めてあげるのがいいのかということが重要でしょう。
だいたい、生後3~4ヶ月頃から始めてあげると、徐々に区別がつくようになってきます。
首が座ったらというのも、ひとつのポイントでしょう。
ベビー服や子供服を着替えさせることも楽になる時期で、選ぶことができる範囲も広がります。
普段着と区別することで、時間や場所ということに対して、スイッチを入れてあげることができるようになるのです。

たとえば、外に出かけるときには、外行きの服装をさせてあげることで、赤ちゃんは状況を理解するようになります。
お家の中できるものとの違いを決めてあげれば、そういうものだと理解していくでしょう。
パジャマに着替えれば、寝る時間だよということを教えてあげることができるようになります。
生後3ヶ月頃というのも、実は夜の授乳間隔が長くなり、昼夜の区別がついてくるころなのです。

赤ちゃんは暑がりで汗っかきですので、パジャマにしたら、なるべく毎日洗うことが大切になってきます。
とにかく寝汗をかきますし、肌が弱いため、汚れや雑菌でも肌荒れを起こしてしまうのです。
そうならないようにしてあげるためにも、パジャマや子供服といって物は、複数用意してローテーションしておくことが重要といえるでしょう。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *