着せ替えや抱っこも考えて

子供服の中でも、ベビー服は選び方が難しい部分があるでしょう。
いろいろな種類がありますが、意思がはっきりと伝わりにくい赤ちゃんの場合、快適なのか不快なのかを感じ取ってあげなければいけません。
そのためにも、ベビー服がどんな種類があり、好むものはどんなものかを知っておく必要もあるでしょう。
素材によっての違いもありますが、できるだけ快適な環境を作ってあげることが大切です。

月齢の低いうちは、赤ちゃんの動きを妨げないように、上下一体となったつなぎ型が良いでしょう。
着せ替えも簡単で、抱っこするのも楽にできます。
動きが大きくなり、つかまり立ちしたりするようになれば、Tシャツにパンツといった子供服に変えていくと動きやすくなるのです。

いろいろとあるアウター

ベビー服のアウターにはいろいろな種類があり、ボトム部分をスナップで止めるのがツーウェイドレスと呼ばれているタイプです。
筒型のドレススタイルのように見えて、足の部分は分かれているカバーオールスタイルの2つの形になっています。
生後すぐから着せることができ、6ヶ月頃までなら対応できるでしょう。
かなり長い期間使えますし、肩から足先までついているスナップを外すことで寝かせたままで着替えができます。

Tシャツとパンツが一体になっているのがカバーオールです。
つなぎ型で、ややスリムに見えます。
抱っこしやすく、出かけるのにも重宝するでしょう。
ボトムス部分がスナップになっているので、おむつの交換も寝かせたままでできます。
サイズはかなり細かくなってくるので、整腸に合わせて選ぶことが必要です。

カバーオールのスタイルにソックスもくっついたのが、足つきカバーオールです。
全身を覆うので保温性が高く、冬場でも体温を逃がしにくくなります。
海外ではかなりメジャーで、おしゃれな格好もできますが、サイズを合わせないと、動きを妨げることになりますので注意が必要です。

ボディスーツからセパレートへ

夏場では欠かすことができないのが、手足を出すことができるボディスーツです。
サイズは70~のものが主流ですが、実際のサイズが合わないことも出てきます。
ゆったりシルエットでも、肌着の組み合わせでカバーすることもできるため、少し大きめのほうがいいでしょう。

ベビー服から子供服といった感じになってくるのがセパレートです。
Tシャツにショートパンツなどを組み合わせることができますし、サロペットなどにしてみてもいいでしょう。
かなりおしゃれになってコーディネイトも楽しめます。
上下がわかれることになるため、汚れても別々に交換できるようになるので便利でしょう。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *