サイズアウトの子供服

せっかく買ってあげた子供服も、時間とともに着ることができなくなることは当然起きます。
サイズアウトと呼ばれますが、子供の成長は早く、どうしても着れなくなって行くのです。
これは日常的に起こることですが、悩みの種にもなってしまうでしょう。
特にブランド服を買ってあげた時などは、悲しい思いをすることもあるはずです。

こうならないようにするために、ワンサイズ大きな服を購入するのもひとつでしょう。
しかし、大きなサイズは子供の負担になってしまうことも考えなければいけません。
だからといって、簡単に着られなくなり、処分するというのももったいない話です。

流行が過ぎると価値は下がる

子供服にはリサイクルという方法があります。
古着を扱っているところに売ってしまう方法です。
人気のブランド子供服なら、まず買い取ってくれることは間違いありませんし、価格も期待することができるでしょう。
これで、捨ててしまわずに、次の子供服を買う資金にすることができるようになるのです。

ただし、流行の過ぎた年代物は、価値は下がります。
これは致し方のないことですが、ほんの少しでもブームがずれると、価値が急落しやすいのがキャラクターものなのです。
特撮などの場合には、放送が終わったりしてしまうと、次の番組がすぐに始まります。
こうした情報の劣化が、価値に大きな影響を与えてしまうことになるのです。

リサイクル店に売るときには、できるだけ早めに売ってしまうことが重要といえます。
デザインや年式が新しければ新しいほど、買取りが期待できるからです。
これは、オークションなどでも同じことで、情報が新鮮な間に売りに出すことが重要となります。

劣化は時間とともにやってくる

劣化ということでは、情報だけではありません。
受験や入学式などで、1回だけ着たとします。
そのあとすぐに売ってしまえば、その服は劣化せずに売ることができ、価値も高まるでしょう。

しかし、時間がたてば、生地は劣化して行ってしまうのです。
たとえ着用していなくても、洋服は劣化を続けます。
保管の方法の問題もありますが、シミが出たりしたら、価値は急落してしまうことになるのです。

季節ということも重要なポイントになります。
季節物は、シーズン直前に買取りを広げ商品を用意しようとするのです。
買い取ってくれるということは、それだけ欲しいという人も多いということになります。
つまり、シーズンを過ぎてしまえば、買取価格はどんどんと下がってしまい、やがて買い取ってもらえなくもなるのです。
そうならないためにも、できるだけ早めに売るということを考えるといいでしょう。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *