子供服やベビー服を散乱させないために

子供服やベビーの服をすっきりと片付けたいと思ってみても、なかなか上手くいかないことは珍しくありません。
子供服は、すぐにサイズが合わなくなり、切ることができなくなることもあるでしょう。
それでも、思い出が詰まっていたりすると、だれか着る人がいないかと思ったりして捨てることができなくなったりするものです。
気がつけば、もう一杯でどうにもならないということも出てきます。

ベビー服も気がついたら、あちこちに散乱していることもあるでしょう。
体温調節のために、ちょっと出した見たものの、気がついたら散乱しているということは珍しくありません。

引き出しの用途を決めて別々に管理する

片づけるといっても、何か特別なものを用意したりする必要などありません。
片づけ方を考えるということが重要なのです。

まずは、引き出しの用途を考えます。
引き出しをいくつかの用途に分けますが、メインの引き出しには、普段着るものだけを入れます。
サイズの変化の早い子供服ですので、さまざまな服が混在してしまうことでしょう。
こうなると、着ないで終わる服が出たりしますので、混在させないようにするのです。
着られなくなった服は、別に管理しましょう。

シーズンの違う服も別に管理します。
シーズンごとに一塊にしておけば、一目瞭然となり、欲しいときに引き出すことができるでしょう。
こうした服は、定期的に見直してあげると、うずもれることもなくなります。
できれば、サイズが合わない服は、定期的に処分するようにするのです。
定期といっても、何か決まりごとがないとやりませんので、いっぱいになった時には見直しをかけるといったルールを決めるといいでしょう。
すべての服に思い出があるかもしれませんが、ある程度思い出に浸り処分することも考えるべきです。

おさがりとして出せそうな服は、専用の引き出しや箱に入れてしまっておきます。
別に管理すれば、混ざって混乱することもありません。

自分のルールを決めていく

引き出しに入れるときには、たたんで重ねないことが重要です。
たたみ方は自由ですが、高さを一定にして、立ててしまうと取り出しやすくなりますし、埋もれることもないでしょう。
ある程度分類もしやすくなりますので、見えるようにしておくことが大切です。

そのうえで、分類を決めて、いつもしまう場所を決めてしまうといいでしょう。
使わない場所にしまうと、大事な子供服も出してこれなくなります。
指定席を決めてあげるだけで、かなり便利に使うことができるようになるのです。

こうしたルールは、そのうちごとに違います。
ある程度使いながら、ルールを練っていくと、使いやすく収納することができるようになるでしょう。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *