子供服や赤ちゃんの服を洗濯する場合には

子供服というものは、とても大切なものです。
せっかく選んであげたのですから、少しでも長く、快適に来てくれるといいなと思うことでしょう。
赤ちゃんのために選んだ可愛いベビー服やタオルも、できるだけ長く快適な状態にしてあげたいものです。
キレイで肌触りが良いというのは、大人だけではなく、赤ちゃんにとっても重要な意味があるでしょう。
こうしたポイントから考えると、洗剤の選び方からシミや汚れの落とし方まで考えておくことが大切です。

洗剤はきれいに落とすこと

ベビー用の衣類用洗剤や無添加洗剤といったものも、多く売られるようになりました。
これらを選ぶというのも一つの方法でしょう。
特にアトピーなどを抱えている場合には重要です。
それ以外の場合には、必ずしも専用洗剤を使う必要はありません。

重要なポイントとなるのは、洗剤をしっかりすすぎ落とすということなのです。
洗濯機を使うときには、衣類を入れすぎないようにします。
これだけで、洗剤は落ちやすくなるのです。
さらに、多めの水量で洗うように設定すると、きれいに洗剤を落とすことができるようになり、赤ちゃんの肌にも安心できるようになります。

柔軟剤には要注意

大人の服と一緒に洗うかどうかも迷うところでしょう。
ちょっと考えるとわかりますが、抱き上げたりするときには、大人の服と接触しています。
この段階で、問題があるようであれば、一緒に洗うことはできませんが、アトピーなどの問題がなければ一緒で問題はありません。
型崩れを防ぐために、ネットに入れて洗うなど工夫をする必要はありますが、それ以上に気にする必要はないでしょう。

問題は柔軟剤です。
柔軟剤は、繊維をコーティングするようになっています。
これが柔らかさの秘訣ですが、柔軟剤がしみ込んだ状態であるため、赤ちゃんの汗に反応して刺激になることがあるのです。
これがかゆみになってしまったりすることがありますので、柔軟剤は使わないようにすることも必要といえます。

特に低月齢のうちは、柔軟剤自体がつかないように、投入する前に赤ちゃんの衣服だけ取り出してしまうといいでしょう。
量を減らしたとしても、反応することには変わりはないからです。
もうひとつ石油系の柔軟剤を使わないという方法もあります。
植物性の柔軟のほうが刺激は少なくなるため、内容をよく見て使うということも重要です。。
クエン酸や食酢といった方法もありますが、落としきれるようによくすすぐことが重要となります。
クエン酸も食酢も酸性ですので、自然のものだから安心というわけではないことも覚えておくといいでしょう。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *